ratio_3_2 のカスタマイズ方法
※このページは、サイドメニュー(右)が表示される画面幅以上で表示された時のみ稼働する仕組みになっております。

挙動を確認したい場合は、PCもしくはタブレット横画面でご覧ください。(本テーマのレスポンシブデザインのブレイクポイントに合わせて調整してあります。)


仕様

スクロールすると右サイドのメニュー全体がスクロールに合わせて少し遅れて追従します。

追従スピードは調整できます。

スマートフォンからの閲覧では作動しません

スマートフォンからの閲覧で作動させるとサイドメニューが表示されませんので、あえて作動させないような設定にしております。

タブレットの横画面でサイドメニューが表示される場合は稼働します。

(タブレット※縦画面では稼働しません)

※厳密にはスマートフォン及び、画面幅 991px 以下では稼働しません。

本テーマのブレイクポイントになります。サイドメニューが表示されなくなる画面幅に合わせてこの機能を稼働させるかどうかを判定して組み込んであります。

簡単なjQueryで組み込んでありますので設置は比較的容易です。

そのまま設置するだけで簡単に組み込めます。ただし、サイドメニュー全体が動く為、部分的に追従させたい場合はjQueryの追記及び改変の知識が必要になります。
 

注意事項

広告をサイドメニューに置いている場合は、特に注意して下さい。
追従広告が禁止されている広告を置いている場合は、ペナルティもしくはアカウント停止になる可能性がありますのでご注意下さい。

追従広告不可と明示されている代表的なもの。

グーグル・アドセンス(Google Adsense)


AdSenseの公式サイトには、特別な許可がない限り 追従は 不可 となっています。
AdSenseポリシー パート2:広告の設定

何らかの措置を講じますとなっていますが、アカウントが一度停止されると例外を除いて二度と復活も取得も出来ません。関連アカウント(youtubeアドセンス)なども全て停止(BAN)になります。避けるほうが無難です。

参考ページ

→ 追尾型広告を禁止しているASP一覧|スクロール動作に追従する広告​

広告を追従させたい場合は・・・

忍者 AdMax がおすすめ



このページの右サイドTOPに表示されているのが、こちらの広告になります。Adsense に比べると単価は安いですが、幅広いジャンルに利用できるので長年利用させて頂いております。( → AdMaxヘルプコンテンツFAQ
 

追尾メニューのメリット・デメリット

メリット

サイドメニューが常に目に入るので、認知・クリックしてもらえる可能生が高くなります。よく見かけるのが「人気記事ベスト5」や「アピールしたいバナー」などです。

運営者が強制的にアピールすることが出来るのがメリットだと思います。また、「もくじ」を配置してあげる事で、続きや目的の情報にスムーズにアクセス出来るようにもなります。

デメリット

スクロールするたびに右側に付いて来るので、派手なバナーや広告は目障りになるかもしれません。目障りにならない様な工夫や、この機能をメリットだと思ってもらえる様な配置が大切になってくると思います。

導入方法はこちら

→ こちらの記事で詳しく解説しています(準備中)

P3210413_TP_V.jpg